ご依頼いただいた刑事事件の分類と内訳 | 刑事事件の弁護士はアディーレ法律事務所

ご依頼いただいた刑事事件の分類と内訳

ご依頼いただいた刑事事件の分類と内訳

ご覧のとおり,痴漢・盗撮などの性犯罪事件が40%以上を占めており,性犯罪事件の刑事弁護に強い法律事務所とのご評価をいただいております。また,痴漢・窃盗などの性犯罪事件,万引きなどの窃盗事件,ケンカなどの傷害事件の3つの類型で80%以上を占めていることもわかります。

実は,これらの刑事事件の弁護活動では,弁護士のスピーディーな対応と,被害者の方とのしっかりとした示談交渉が非常に重要なものとなっています。

当事務所では,弁護士が180名以上在籍し,全国各地に支店を設けていますので,ご依頼を受けてから,ただちに弁護活動を始めることができます。また,累計で40万人以上の法律相談実績(2017年2月時点)があり,これまでに蓄積された豊富な経験と示談交渉のノウハウがあります。

選ばれるのには理由があります。痴漢・盗撮などの性犯罪事件,万引きなどの窃盗事件,ケンカなどの傷害事件は,どうぞ遠慮なくご相談ください。刑事事件に関するご相談は,何度でも無料です。

それでは,実際に当事務所にご依頼をいただいた刑事事件について,その解決事例をご紹介します。

刑事事件の解決事例集

ケース250 (30歳代男性 暴行)
ケガをさせた相手から,数多くの被害を訴えられた。弁護士の適切な交渉で,微罪処分に
ケース249 (40歳代男性 迷惑行為防止条例違反(盗撮))
車内で女性を無断で撮影し,盗撮で逮捕。弁護士の適切な活動により,不起訴処分に
ケース248 (30歳代男性 過失運転致傷(旧自動車運転過失傷害))
人身事故で被害者の方に大ケガを負わせてしまった。丁寧な弁護活動で執行猶予に
ケース247 (20歳代女性 業務上横領)
元勤務先での横領で告訴された。弁護士のアドバイスのもと真摯に謝罪をし,不起訴処分に
ケース246 (20歳代女性 強盗)
万引きした挙句,ケガまで負わせた。示談交渉の結果を含めた意見書を提出し,罰金刑に
ケース245 (30歳代男性 迷惑行為防止条例違反)
盗撮で警察から取調べ。勤務先には知られたくない…。弁護士の慎重な示談交渉で不起訴に
ケース244 (20歳代男性 迷惑行為防止条例違反)
痴漢行為で警察署にて取調べ。被害者側の弁護士と慎重に示談交渉,不起訴処分に
ケース243 (30歳代男性 窃盗)
複数件の万引きで,逮捕・勾留された。被害店舗との示談も加味され,不起訴処分に
ケース242 (30歳代男性 迷惑行為防止条例違反,軽犯罪法違反)
のぞき行為で警察から取調べ,弁護士が被害者の方と粘り強い示談交渉を行い,不起訴に
ケース241 (20歳代男性 迷惑行為防止条例違反)
盗撮で逮捕。余罪があり前科がつくか心配。弁護士の粘り強い交渉で示談となり,不起訴処分に
ケース240 (20歳代男性 窃盗)
息子が下着を盗んで逮捕,勾留された。弁護士の迅速な対応で,不起訴処分に
ケース239 (20歳代男性 暴行)
暴行で,逮捕・勾留。被害者の方は示談に応じなかったが,弁護士の粘り強い交渉で不起訴に
ケース238 (40歳代男性 軽犯罪法違反)
酔っぱらって近所の家を盗撮,警察で取調べ。弁護士への早急なご依頼で不起訴処分に
ケース237 (20歳代男性 窃盗)
窃盗で前科がつく不安。被害店舗は示談に応じなかったが,真摯な示談活動を行い,不起訴に
ケース236 (30歳代女性 窃盗)
複数の窃盗容疑で警察から呼び出し。被害者の方々への早急な示談交渉で,不起訴に
ケース235 (50歳代男性 迷惑行為防止条例違反)
盗撮で逮捕され,余罪が複数あったため将来が不安,丁寧な示談交渉を行い,不起訴に
ケース234 (20歳代男性 迷惑行為防止条例違反)
息子の逮捕・勾留に驚いたご家族が弁護士に依頼。粘り強い示談交渉を行って,不起訴処分に
ケース233 (30歳代男性 器物損壊)
会社の方針で示談交渉を拒否された。弁済供託をはじめとした弁護活動の結果,不起訴処分に
ケース232 (30歳代男性 傷害)
口論になってケガをさせた。弁護士が強い被害者感情を持つ方と慎重に示談交渉を行い,不起訴に
ケース231 (40歳代男性 窃盗)
弁護士が事前に取調べのアドバイスを行うなど,迅速な弁護活動を行った結果,不起訴処分に
ケース230 (40歳代男性 暴行)
弁護士が,示談交渉ができない理由と反省の態度を検察官に主張し,不起訴処分に
ケース229 (20歳代男性 迷惑行為防止条例違反)
盗撮の余罪があり,前科が付くか心配。弁護士が迅速に弁護活動を行った結果,不起訴処分に
ケース228 (50歳代男性 道路交通法違反)
前科のある方が無免許運転で起訴。示談以外の適切な弁護活動で,執行猶予付き判決に
ケース227 (30歳代男性 銃砲刀剣類所持等取締法違反)
高圧的だった取調べが弁護士の同席により改善。検察官に働きかけを行って不起訴処分に
ケース226 (50歳代男性 窃盗)
弁護士が交渉してわずか4日で示談に。被害届が取り下げられて微罪処分となり,早期解決
ケース225 (30歳代男性 迷惑行為防止条例違反)
痴漢で逮捕され,今後が心配に,被害者の方の心情をケアしながら示談交渉を行い,不起訴に
ケース224 (60歳代男性 暴行)
泥酔状態で暴行。弁護士のスピーディーな示談交渉により,不起訴処分に
ケース223 (30歳代男性 強盗)
有罪判決を受けると刑務所に収容されるおそれ。迅速な弁護で示談をまとめ,不起訴処分に
ケース222 (40歳代男性 迷惑行為防止条例違反)
盗撮で取調べを受け,将来が不安。弁護士に依頼して不起訴となり,前科が付くことを免れる
ケース221 (40歳代男性 軽犯罪法違反)
事情聴取を受けて今後が不安。弁護士が再犯のない可能性がないことを検察官に主張し,不起訴処分を獲得
ケース220 (50歳代男性 窃盗)
動揺して窃盗を否認。弁護士が罪を認めた謝罪の気持ちを伝えて示談交渉し,不起訴処分に
ケース219 (10歳代男性 迷惑行為防止条例違反)
未成年が盗撮。弁護士が更生の支援や示談交渉などの弁護活動に尽力した結果,審判不開始に
ケース218 (20歳代男性 傷害)
強い被害者感情を持つ方との示談が難航。心情を考慮しながら全力で弁護活動を行い,不起訴処分に
ケース217 (40歳代男性 危険運転致傷)
信号無視による交通事故で起訴され裁判に。事件に応じた適切な弁護活動で執行猶予となる
ケース216 (30歳代男性 迷惑行為防止条例違反)
未成年を盗撮し,現行犯逮捕。誠意ある謝罪により被害届が取り下げられ,不起訴処分に
ケース215 (20歳代男性 窃盗)
余罪がある窃盗で弁護士が粘り強く交渉。不起訴になり資格取得の制限を免れる
ケース214 (20歳代男性 迷惑行為防止条例違反)
会社に知られたくない。未成年の被害者,その両親と粘り強く交渉し,不起訴処分に
ケース213 (20歳代男性 窃盗)
スーパーで万引きし,謝罪方法が不安で弁護士に相談。丁寧に示談交渉した結果,不起訴処分に
ケース212 (40歳代男性 迷惑行為防止条例違反)
取調べでうまく受け答えができず勾留延長。弁護士が準抗告して身柄が解放され,不起訴処分に
ケース211 (30歳代男性 迷惑行為防止条例違反)
盗撮で警察から取調べ。弁護士が複数の被害者の方と示談交渉を行い,不起訴処分に
ケース210 (30歳代男性 住居侵入,器物破損,窃盗)
「起訴になる」と突然の連絡。弁護士が示談と告訴の取り下げに尽力し,不起訴処分に
ケース209 (50歳代男性 暴行)
示談のために迅速な弁護活動を実施。不起訴処分の獲得により前科が付かず,失職を免れる
ケース208 (40歳代男性 迷惑行為防止条例違反)
弁護士の準抗告により,身柄が解放。丁寧な謝罪で示談となり,不起訴処分に
ケース207 (40歳代男性 傷害)
突然,家族が勾留された。弁護士が接見して様子を伝え,適切な弁護活動の結果,不起訴処分に
ケース206 (30歳代男性 過失運転致傷(旧:自動車運転過失傷害),道路交通法違反)
作成済の示談書は依頼者の方に不利な条件。弁護士が改めて示談交渉し直して,略式命令に
ケース205 (20歳代男性 暴行)
暴行事件が就職活動へ影響する不安を感じて相談。弁護士が粘り強く示談交渉し,不起訴処分に
ケース204 (20歳代男性 迷惑行為防止条例違反)
被害者の方に謝罪を希望するが,連絡先がわからない。弁護士が丁寧に示談交渉し,不起訴処分に
ケース203 (40歳代男性 迷惑行為防止条例違反)
今後が不安で弁護士に相談。適切なアドバイスと粘り強い示談活動により,不起訴処分に
ケース202 (40歳代男性 窃盗)
前科のある窃盗で逮捕され裁判の不安。的確な弁護活動により裁判を免れ,略式命令に
ケース201 (20歳代男性 強制わいせつ)
大切な家族の逮捕が心配で依頼。弁護士が示談交渉と告訴取下げに尽力し,不起訴処分に
ケース200 (30歳代男性 迷惑行為防止条例違反)
被害者の方への謝罪方法がわからない。弁護士が真摯に反省の気持ちを伝え,不起訴処分に
ケース199 (30歳代男性 住居侵入,建造物侵入)
複数の事件で起訴され実刑の不安。弁護士が保釈請求や裁判に向けた準備に尽力し執行猶予に
ケース198 (20歳代男性 児童買春・児童ポルノ禁止法違反・青少年健全育成条例違反)
突然の逮捕・勾留で不安。弁護士が依頼者の方・ご家族の不安解消と示談に尽力し不起訴処分に
ケース197 (20歳代男性 暴行)
酔って暴行で逮捕。弁護士が被害感情の強い方との示談交渉をまとめ,不起訴処分に
ケース196 (50歳代男性 迷惑行為防止条例違反)
前科のある痴漢での逮捕。弁護士の迅速かつ粘り強い弁護活動で示談がまとまり不起訴処分に
ケース195 (30歳代男性 傷害)
示談交渉に不安を感じ弁護士に依頼。粘り強い弁護活動により示談がまとまり,不起訴処分に
ケース194 (40歳代男性 迷惑行為防止条例違反)
数件の盗撮で逮捕され,失職の不安。粘り強く的確な弁護活動で示談が成立し,略式命令に
ケース193 (40歳代女性 窃盗)
家族に知られず解決したい。弁護士が被害店舗との示談交渉に尽力し,不起訴処分に
ケース192 (70歳代男性 強制わいせつ)
被害弁償や監督環境の調整などの弁護活動に尽力して裁判に臨み,執行猶予付き判決に
ケース191 (10歳代男性 詐欺)
厳しい処分が出れば進学できない。未成年の将来を考え,多方面からの弁護活動を行い不処分に
ケース190 (20歳代男性 麻薬及び向精神薬取締法違反)
弁護士の保釈請求が認められて身柄が解放。入念な準備のもと裁判に臨み,執行猶予に
ケース189 (20歳代男性 迷惑行為防止条例違反)
有罪判決を受けると資格停止のおそれ。適切な弁護活動の結果,不起訴となり,不安を解消
ケース188 (40歳代男性 窃盗)
仕事や家族に影響がおよばないか不安。迅速な弁護活動の結果,約2週間で不起訴処分に
ケース187 (40歳代男性 傷害)
傷害事件で失職の可能性。弁護士の粘り強い示談交渉が被害感情を和らげ,不起訴処分に
ケース186 (40歳代男性 詐欺,詐欺未遂)
複数の詐欺事件で起訴され実刑の不安。迅速かつ的確な弁護活動で執行猶予付き判決に
ケース185 (40歳代男性 迷惑行為防止条例違反)
盗撮で逮捕された後,謝罪の方法がわからない。弁護士が粘り強く示談交渉し,不起訴処分に
ケース184 (20歳代男性 暴行)
ケンカで暴力を振るい逮捕。ご家族がすぐ弁護士に接見を依頼し,約3週間で不起訴処分に
ケース183 (20歳代男性 迷惑行為防止条例違反)
前歴と同じ性犯罪で事情聴取。弁護士の的確かつ粘り強い示談交渉で略式命令に
ケース182 (30歳代男性 器物損壊)
裁判になれば仕事を失うおそれ。迅速な示談交渉で告訴が取り下げられ,不起訴処分に
ケース181 (20歳代男性 道路交通法違反罪)
酒気帯び運転で逮捕。弁護士が真摯な謝罪の気持ちを伝えて,裁判を免れ,略式命令に
ケース180 (40歳代男性 窃盗)
家族が窃盗で逮捕。依頼当日に接見し,迅速に示談交渉を進めた結果,不起訴処分に
ケース179 (30歳代男性 業務上横領)
元勤務先での横領で書類送検。弁護士の粘り強い交渉で示談がまとまり,不起訴処分に
ケース178 (20歳代男性 窃盗)
身柄の拘束で解雇の不安。弁護士の迅速な活動で,ご依頼の翌日に釈放され,不起訴処分に
ケース177 (30歳代男性 迷惑行為防止条例違反)
逮捕が勤務先に知られた。弁護活動により略式命令となり,謹慎の解除を働きかけて,職場復帰
ケース176 (40歳代女性 窃盗)
突然の起訴に動揺。弁護士が裁判に向け的確な弁護活動を行い,執行猶予付き判決に
ケース175 (20歳代男性 迷惑行為防止条例違反)
お酒に酔い,痴漢で逮捕。早期の弁護士への依頼で示談がまとまり,不起訴処分に
ケース174 (40歳代女性 窃盗)
店舗の方針で示談が困難に。弁護士が再犯の可能性がないことを詳細に説明し,略式命令に
ケース173 (20歳代男性 児童買春・児童ポルノ禁止法違反,わいせつ電磁的記録媒体陳列)
突然,家宅捜索と取調べを受けて弁護士に相談。再犯の可能性がないことを主張して不起訴処分に
ケース172 (20歳代男性 窃盗)
前科が付くと資格を取得できない。依頼者の方の将来を考えた迅速な弁護活動で不起訴処分に
ケース171 (30歳代男性 迷惑行為防止条例違反)
前歴のある盗撮で逮捕。弁護士の的確なアドバイスと示談交渉により,略式命令に
ケース170 (20歳代女性 窃盗)
万引きで逮捕。弁護士が再犯防止の取り組みを主張して,被害届が取り下げられて不起訴に
ケース169 (30歳代男性 迷惑行為防止条例違反)
実刑判決を受ける不安で弁護士に相談。深く傷付いた被害者の方と的確な示談交渉を行い,不起訴に
ケース168 (50歳代男性 児童買春・児童ポルノ禁止法違反,わいせつ電磁的記録媒体陳列)
違法アップロードで逮捕。弁護士が再犯防止のアドバイスなどの弁護活動を行い,略式命令に
ケース167 (50歳代女性 窃盗)
酔っぱらって万引きをして逃走。弁護士が謝罪に同行,示談がまとまり,不起訴処分に
ケース166 (50歳代男性 器物破損)
器物破損で事情聴取。弁護士の臨機応変な弁護活動により,略式命令に
ケース165 (30歳代男性 児童買春・児童ポルノ禁止法違反)
弁護士が更生への意欲や再犯防止の具体策を主張。裁判を免れ,略式命令に
ケース164 (40歳代男性 窃盗)
故意ではないと信じてほしい。弁護士が粘り強く反省の気持ちを伝えて示談し,不起訴処分に
ケース163 (40歳代女性 窃盗)
窃盗で逮捕され,今後の処分が不安になり弁護士に相談。的確な弁護活動で不起訴に
ケース162 (30歳代男性 迷惑行為防止条例違反)
盗撮の前科があり,実刑判決を受けるのではないかと不安。的確な弁護活動で執行猶予に
ケース161 (40歳代男性 迷惑行為防止条例違反)
盗撮で現行犯逮捕。弁護士が謝罪の意思を粘り強く伝えて示談がまとまり,不起訴処分に
ケース160 (40歳代男性 暴行)
酔って電車内で暴行。弁護士が粘り強く反省の気持ちを伝えて示談し,不起訴処分に
ケース159 (20歳代男性 強盗)
逮捕されて内定取消の不安。弁護士が早期釈放と示談交渉に尽力し,不起訴処分に
ケース158 (20歳代男性 窃盗)
強い被害者感情を抱く方に弁護士があきらめずに交渉。示談がまとまって不起訴処分に
ケース157 (30歳代女性 覚せい剤取締法違反)
大切な家族が突然の逮捕。弁護士が裁判に向けた入念な準備を行い,執行猶予付き判決に
ケース156 (50歳代男性 窃盗)
各支店の弁護士が協力し,遠方にお住まいの被害者の方と示談交渉。迅速な弁護活動で不起訴に
ケース155 (60歳代男性 迷惑行為防止条例違反)
被害者の方への謝罪方法がわからず弁護士に相談。迅速な弁護活動の結果,約1ヵ月で不起訴に
ケース154 (20歳代男性 器物損壊)
高額の損害賠償に不安を感じて弁護士に相談。告訴されるも異例の不起訴処分に
ケース153 (40歳代女性 窃盗)
窃盗事件を家族に知られたくない。多岐にわたる弁護活動の結果,不起訴処分を獲得
ケース152 (40歳代男性 大麻取締法違反)
大麻の所持が発覚し,逮捕されて接見禁止。迅速な弁護活動により,1ヵ月以内で不起訴に
ケース151 (50歳代男性 住居侵入)
取調べに不安を感じて相談。弁護士が事実無根を主張し,冤罪事件への発展を防ぎ不起訴に
ケース150 (60歳代女性 窃盗)
弁護方針に不安を感じ私選弁護人に変更。早期の保釈後,万全の態勢で裁判に臨み執行猶予に
ケース149 (10歳代男性 迷惑行為防止条例違反)
未成年の子どもが痴漢で逮捕。更生に努めていることを弁護士が主張し不処分に
ケース148 (20歳代男性 強制わいせつ)
弁護士が検察官に働きかけて示談する前に釈放。告訴を取り下げることができ,不起訴処分を獲得
ケース147 (30歳代男性 暴行)
些細なトラブルが刑事事件に発展して逮捕。弁護士の迅速な弁護活動で不起訴処分に
ケース146 (50歳代男性 窃盗)
示談交渉できず弁護士に依頼。早期解決に向けた迅速な弁護活動で不起訴処分に
ケース145 (40歳代男性 準強制わいせつ)
旅行先で事件を起こし告訴される。各支店の弁護士がチームを組んで弁護活動し,執行猶予付き判決に
ケース144 (20歳代男性 器物損壊)
弁護士が複数の方と示談交渉。粘り強い交渉と検察官への的確な主張で不起訴処分に
ケース143 (50歳代男性 窃盗)
家族が窃盗で逮捕されて弁護士に相談。迅速な弁護活動で,翌日に釈放され,不起訴処分に
ケース142 (50歳代男性 わいせつ電磁的記録記録媒体陳列)
違法ダウンロードで遠方の警察から家宅捜索。全国展開の強みを活かした弁護活動で略式命令に
ケース141 (40歳代男性 迷惑行為防止条例違反)
勾留が長引くと解雇のおそれ。迅速な弁護活動の結果,早期に釈放され略式命令に
ケース140 (50歳代男性 窃盗)
前科があり,失職しないか心配。弁護士の粘り強い交渉により示談がまとまり,不起訴処分に
ケース139 (30歳代男性 強制わいせつ致傷)
強い被害者感情を持った方との示談交渉。弁護士が心情を考慮して交渉して不起訴処分に
ケース138 (40歳代男性 傷害,公務執行妨害)
長期の身柄拘束による仕事への影響を心配。迅速な弁護活動で略式命令となり早期釈放へ
ケース137 (20歳代男性 住居侵入)
逮捕されて日常生活への影響が不安で弁護士に相談。スピーディーな弁護活動で不起訴処分を獲得
ケース136 (20歳代男性 窃盗)
窃盗で逮捕・勾留され,退学の不安。最善を尽くした弁護活動により不起訴処分に
ケース135 (40歳代男性 迷惑行為防止条例違反)
被害者の方への謝罪方法がわからず半年が経過。弁護士の速やかで丁寧な対応で不起訴に
ケース134 (50歳代男性 公然わいせつ)
適切な弁護活動により,前科が付いて資格停止・失職する不安が解消され,不起訴処分に
ケース133 (40歳代女性 窃盗)
取調べを受けた半年後に突然の起訴。裁判に向け弁護活動に尽力し,執行猶予付き判決に
ケース132 (20歳代男性 迷惑行為防止条例違反)
出張先で起こした事件の対応が心配。各支店の弁護士が協力して、不起訴処分を獲得
ケース131 (20歳代男性 器物損壊)
弁護士に依頼後,当事者同士では難航していた示談交渉が進展。深い反省が伝わり,略式命令に
ケース130 (20歳代男性 迷惑行為防止条例違反)
弁護士による取調べへのアドバイスで不安を解消。丁寧な謝罪で示談となり,略式命令に
ケース129 (10歳代男性 窃盗)
未成年の息子が逮捕され,複数の余罪が発覚。的確な弁護活動の結果,不処分となり再スタートへ
ケース128 (20歳代男性 器物損壊)
弁護士とともに謝罪して示談交渉。被害届が取り下げられて微罪処分となり,早期解決へ
ケース127 (60歳代男性 窃盗,公然わいせつ)
厳しい取調べを弁護士がサポート。適切な弁護活動により不起訴処分を獲得
ケース126 (20歳代男性 詐欺未遂)
家族が逮捕され接見禁止。弁護士が何度も接見して状況を把握し,適切な弁護活動で不起訴に
ケース125 (20歳代男性 傷害)
前科が付くと失職のおそれ。弁護士が粘り強く説得して示談がまとまり,不起訴処分に
ケース124 (70歳代男性 強制わいせつ)
被害者の方が告訴。弁護士が示談交渉に尽力した結果,告訴が取り下げられて不起訴処分に
ケース123 (50歳代男性 住居侵入,窃盗)
逮捕が職場に知られてしまわないか不安。適切な弁護活動で略式命令となり,その不安を解消
ケース122 (60歳代男性 傷害)
被害感情が強く,示談交渉に不安。弁護士の粘り強い交渉で示談がまとまり,不起訴処分に
ケース121 (30歳代男性 迷惑行為防止条例違反)
仕事に影響が出ないか不安。弁護士の示談交渉や,検察官への働きかけにより不起訴処分に
ケース120 (20歳代女性 窃盗)
厳しい取調べを受けるも,連日の接見と迅速な弁護で不安が解消。早期に釈放され,略式命令に
ケース119 (20歳代女性 自動車運転過失傷害)
私選弁護人への変更が不安の解消につながる。適切な弁護活動により執行猶予付き判決に
ケース118 (20歳代男性 迷惑行為防止条例違反)
人生初めての逮捕に不安。弁護士があきらめずに粘り強く示談交渉した結果,不起訴処分に
ケース117 (20歳代男性 傷害)
家族の逮捕,勾留が心配になり早期に相談。弁護士の的確な主張で執行猶予付き判決に
ケース116 (20歳代男性 迷惑行為防止条例違反)
弁護士が迅速かつ的確に対応。依頼者の再犯防止の具体策や反省の気持ちを主張し略式命令に
ケース115 (30歳代男性 自動車運転過失傷害)
弁護士の迅速で的確な対応により実刑を免れて執行猶予付き判決。約1ヵ月半で元の生活へ
ケース114 (20歳代男性 傷害)
傷害で逮捕後,家族がすぐ弁護士に相談。迅速な弁護活動により約1週間で釈放され,不起訴に
ケース113 (40歳代女性 窃盗)
前科のある窃盗で逮捕。的確な弁護活動により略式命令となり,社会復帰へ
ケース112 (40歳代男性 迷惑行為防止条例違反)
余罪がある盗撮で逮捕され失職の不安。弁護士のスピーディーな弁護活動で不起訴に
ケース111 (20歳代男性 恐喝未遂,傷害)
退学処分の不安を解消。弁護士が被害者の方に謝罪を伝えて示談し,不起訴処分に
ケース110 (20歳代男性 大麻取締法違反)
接見時のアドバイスや差し入れで勾留中の方の不安を解消。即決裁判で執行猶予付き判決に
ケース109 (40歳代男性 迷惑行為防止条例違反)
前科のある方が痴漢で逮捕。弁護士の的確な交渉で被害者の方が示談に応じ,不起訴処分に
ケース108 (40歳代男性 暴行)
被害届が提出されて暴行容疑で書類送検。弁護士が示談をまとめ,不起訴処分を獲得
ケース107 (30歳代女性 窃盗)
弁護士が謝罪の気持ちを代弁。被害届が取り下げられて不起訴になり,無事に身柄が解放
ケース106 (30歳代男性 道路交通法違反)
無免許運転で起訴。弁護士が裁判で再犯防止策を主張し,実刑を免れ執行猶予付き判決に
ケース105 (40歳代男性 傷害)
傷害事件で事情聴取を受けて弁護士に依頼。不起訴処分を獲得し,生活に影響なく解決へ
ケース104 (40歳代男性 迷惑行為防止条例違反)
前科のある痴漢で逮捕。弁護士が反省の気持ちを伝えて示談し,不起訴処分を獲得
ケース103 (10歳代男性 強制わいせつ)
未成年の息子が身柄を拘束された。弁護士に依頼し,少年院送致を免れて保護観察に
ケース102 (20歳代男性 窃盗)
弁護士がすぐ接見して状況を把握。迅速な弁護活動により釈放されて不起訴処分に
ケース101 (40歳代男性 傷害)
弁護士に依頼したことで示談交渉が進展。被害届が取り下げられ,約2週間で不起訴に
ケース100 (60歳代男性 有印公文書偽造,偽造有印公文書行使,詐欺)
夫が逮捕・勾留された。すぐ弁護士に相談したことで不起訴を獲得し,無事に社会復帰
ケース99 (50歳代男性 迷惑行為防止条例違反)
逮捕の不安を抱え弁護士に相談。的確な弁護活動で不起訴を獲得し,不安を解消
ケース98 (20歳代男性 詐欺,詐欺未遂)
私選弁護人への依頼が保釈と示談に繋がる。実刑判決が破棄され,執行猶予付き判決に
ケース97 (30歳代男性 迷惑行為防止条例違反)
前歴のある痴漢で逮捕され,起訴されるのではと不安。弁護士が示談交渉に尽力して不起訴に
ケース96 (40歳代男性 暴行)
逮捕直後のご依頼がスピーディーな接見,勾留前の身柄の解放に繋がり,不起訴処分に
ケース95 (20歳代男性 窃盗未遂,建造物侵入罪)
依頼当日に接見。迅速な弁護活動で勾留延長されることなく身柄が解放され,不起訴処分に
ケース94 (40歳代男性 迷惑行為防止条例違反)
身に覚えのない盗撮。弁護士が取調べに同行して否認を貫き,不起訴処分に
ケース93 (20歳代男性 迷惑行為防止条例違反)
痴漢で逮捕され,大学を退学になる不安を弁護士が解消。迅速な示談交渉で,不起訴処分に
ケース92 (40歳代男性 迷惑行為防止条例違反)
痴漢で取調べを受けて不安。弁護士の誠意ある対応によって示談が成立し,不起訴に
ケース91 (40歳代女性 傷害)
刑事弁護に強い私選弁護人に変更。的確な弁護活動で,執行猶予付き判決に
ケース90 (30歳代男性 迷惑行為防止条例違反)
盗撮で逮捕されたご家族に弁護士が即日接見。誠意ある対応で示談をまとめて不起訴処分に
ケース89 (30歳代男性 迷惑行為防止条例違反)
大切な家族が痴漢で逮捕。弁護士が懇切丁寧な対応を重ね示談が成立し,不起訴に
ケース88 (50歳代男性 傷害)
傷害事件の示談に不安。弁護士が間に入りスムーズに示談を成立させ,不起訴処分に
ケース87 (50歳代男性 迷惑行為防止条例違反)
突然の逮捕で仕事が心配。弁護士のスピーディーな対応で身柄が解放され,職場復帰へ
ケース86 (30歳代男性 窃盗)
早期の身柄解放のため弁護士が迅速に対応。ご依頼から2日で釈放され,不起訴処分に
ケース85 (30歳代女性 監禁致傷)
監禁致傷で突然の逮捕。接見を何度も行い不安を解消。迅速な弁護活動で不起訴処分に
ケース84 (40歳代男性 迷惑行為防止条例違反)
痴漢で逮捕され,今後が心配。被害者の方の心情に配慮して示談交渉し,不起訴を獲得
ケース83 (20歳代女性 窃盗)
窃盗(万引き)で勾留。迅速な弁護活動によって身柄が解放され,無事に社会復帰へ
ケース82 (30歳代男性 迷惑行為防止条例違反)
盗撮で逮捕。接見時から弁護士が依頼者の方を勇気づけ,不起訴処分に
ケース81 (30歳代男性 迷惑行為防止条例違反)
身に覚えがない痴漢容疑で逮捕。迅速な弁護活動により,勾留請求を阻止。嫌疑不十分で不起訴処分に
ケース80 (50歳代男性 迷惑行為防止条例違反)
ご依頼者の意向に沿った弁護活動により,家族や勤務先に知られることなく事件が終結
ケース79 (40歳代男性 大麻取締法違反)
ご依頼後すぐに接見し,ご家族の不安を解消。迅速な弁護活動で,保釈のうえ執行猶予付き判決に
ケース78 (20歳代男性 迷惑行為防止条例違反)
被害者の方がわからず示談交渉が不可能。的確な弁護活動で将来の不安を解消し,不起訴処分に
ケース77 (20歳代男性 迷惑行為防止条例違反)
退学処分の不安を解消。弁護士の迅速な弁護活動により,大学に知られないまま不起訴処分に
ケース76 (30歳代女性 暴行)
当事者同士の話し合いが難航した暴行事件を弁護士に依頼。被害届が取り下げられ,微罪処分に
ケース75 (20歳代男性 自動車運転過失傷害,道路交通法違反)
ご家族からのご依頼当日に弁護士が接見。スピーディーな弁護活動で,職を失わず早期の社会復帰へ
ケース74 (40歳代男性 迷惑行為防止条例違反)
弁護士のスピーディな弁護活動で勾留請求を阻止。身柄が即座に解放され,不起訴処分に
ケース73 (20歳代男性 強制わいせつ)
強い怒りを抱く被害者の方に対し,弁護士が丁寧に対応。告訴が取り下げられ,不起訴に
ケース72 (20歳代男性 窃盗)
事件が会社に知られることを心配。的確な弁護活動により,仕事に影響なく不起訴に
ケース71 (20歳代男性 迷惑行為防止条例違反)
前歴のある痴漢で逮捕。弁護士の迅速な弁護活動により,実刑になる可能性が高い事件が不起訴処分に
ケース70 (20歳代男性 迷惑行為防止条例違反)
職場に知られる不安を解消。迅速かつ的確な弁護活動により,不起訴処分に
ケース69 (50歳代男性 傷害)
社内で事件を起こし解雇。再就職への悪影響を心配して弁護士に依頼し,無事に再スタート
ケース68 (20歳代男性 迷惑行為防止条例違反)
大学を退学にならないか心配。弁護士の丁寧な交渉で示談がまとまり,その不安を解消
ケース67 (30歳代男性 住居侵入)
身柄の拘束が続き,仕事への影響が心配に。弁護士が迅速に弁護活動し,無事に職場復帰へ
ケース66 (30歳代男性 強制わいせつ)
弁護士が事細かくサポートし,依頼者の方の不安を解消。示談がまとまり,不起訴処分に
ケース65 (20歳代男性 窃盗)
弁護士が接見し,大切な方の状況が明らかに。的確な弁護活動で処分決定直前に不起訴を獲得
ケース64 (40歳代男性 迷惑行為防止条例違反)
日曜日のご相談でも弁護士が即日接見し,ご家族の不安を解消。起訴を免れ,略式命令に
ケース63 (40歳代男性 青少年保護育成条例違反)
職務質問の後,すぐに弁護士へ相談。適切な弁護活動の結果,身柄を拘束されず不起訴に
ケース62 (50歳代男性 強制わいせつ)
1日も早く身柄を解放するため,弁護士が告訴の取り下げに尽力。不起訴を獲得して釈放に
ケース61 (40歳代男性 迷惑行為防止条例違反)
弁護士が大切な家族の失職を阻止。ご依頼後2日で身柄が解放され,早期の職場復帰へ
ケース60 (50歳代男性 器物破損)
弁護士が謝罪の気持ちを丁寧に伝え,粘り強く示談交渉。勾留延長の満期日に不起訴処分を獲得
ケース59 (20歳代男性 迷惑行為防止条例違反)
前科がつくことによる内定取り消しの不安を解消。弁護士の迅速な活動により,不起訴処分に
ケース58 (40歳代男性 ストーカー規制法違反)
警察から取調べを受けた後,いち早く弁護士に相談。告訴を免れ,不安解消へ
ケース57 (50歳代男性 迷惑行為防止条例違反)
依頼当日に弁護士が接見し,大切な方の状況を把握。勾留請求を阻止して早期の社会復帰へ
ケース56 (20歳代男性 自動車運転過失傷害)
ご依頼後,弁護士がスピーディーに活動。執行猶予の取消を免れ,実刑への不安を解消
ケース55 (30歳代男性 迷惑行為防止条例違反)
被害者の方の心情をくみ取り,弁護士が懇切丁寧に交渉。示談がまとまり,不起訴処分に
ケース54 (20歳代男性 軽犯罪法違反,建造物侵入罪)
弁護士が複数の被害者の方との示談に尽力。不起訴処分を獲得し,職を失わず,無事に社会復帰へ
ケース53 (40歳代男性 迷惑行為防止条例違反)
前歴のある痴漢で現行犯逮捕。弁護士が的確な弁護活動をした結果,実刑を免れ,不起訴処分に
ケース52 (50歳代女性 道路交通法違反)
ご家族からの早期依頼が即時の接見やスピーディーな弁護活動に繋がる。起訴を免れ,略式命令に
ケース51 (50歳代男性 傷害)
弁護士が被害者のご家族の心情にまで配慮しながら丁寧に対応。不起訴処分により,早期の社会復帰へ
ケース50 (20歳代男性 迷惑行為防止条例違反)
的確な弁護方針により依頼者の方の不安を解消。示談を成立させて不起訴に
ケース49 (50歳代男性 強要)
弁護士が依頼後,すぐに接見。迅速な弁護活動により、処分保留で釈放。不起訴処分に
ケース48 (20歳代男性 迷惑行為防止条例違反)
依頼者の方の不安を取り除くために尽力。示談交渉,意見書の提出などの弁護活動で不起訴に
ケース47 (40歳代男性 迷惑行為防止条例違反)
弁護士が被害者の方へ直接かつ丁寧に謝罪。示談が成立して不起訴処分に
ケース46 (40歳代男性 麻薬及び向精神薬取締法違反)
前科がある依頼者の方を捜査段階からサポート。弁護士の的確な主張により,不起訴処分に
ケース45 (40歳代男性 迷惑行為防止条例違反)
依頼者の方の不安を弁護士が解消。示談の成立により被害届は提出されず,異例の微罪処分に
ケース44 (60歳代男性 道路交通法違反,自動車運転過失傷害)
突然の起訴でも,弁護士がスピーディーかつ入念な事前準備を行うことで,実刑を免れ,執行猶予付き判決に
ケース43 (60歳代男性 強制わいせつ)
弁護士の粘り強い交渉により,勾留延長満期の前日に示談成立。告訴が取り消されて不起訴に
ケース42 (40歳代男性 暴行、器物損壊)
弁護士が複数の被害者の方と示談交渉。被害者全員と示談が成立し,不起訴処分に
ケース41 (20歳代男性 強制わいせつ)
弁護士が依頼後すぐに接見。被害者の方への誠実な対応によって示談が成立し,不起訴処分に
ケース40 (50歳代男性 暴行)
迅速に弁護士が活動し,逮捕後3日で身柄解放に。職を失わず,早期の社会復帰へ
ケース39 (20歳代女性 窃盗)
憤慨している被害者の方と弁護士が慎重に交渉し,2週間で示談成立。実刑を免れ,早期の社会復帰へ
ケース38 (40歳代男性 迷惑行為防止条例違反)
被害者の方の心情に配慮しながら弁護士が丁寧に対応。示談が成立し,不起訴処分に
ケース37 (30歳代男性 覚せい剤取締法違反)
ご家族の支援と弁護士のスピーディーな弁護で,保釈のうえ執行猶予付き判決に
ケース36 (30歳代男性 迷惑行為防止条例違反)
前科と同様の犯罪で逮捕。弁護士がすぐに行動した結果,実刑を免れ,早期の社会復帰へ
ケース35 (40歳代女性 窃盗)
弁護士が的確に状況判断。依頼者の方の深い反省の気持ちを検察に主張し,不起訴処分に
ケース34 (50歳代男性 青少年保護育成条例違反)
弁護士が逐一アドバイスを送り,接見禁止となったご家族をサポート。起訴を免れ,略式命令に
ケース33 (20歳代男性 迷惑行為防止条例違反)
前科のある依頼者の方の私選弁護人として弁護活動に尽力。実刑を免れ,執行猶予判決に
ケース32 (40歳代男性 住居侵入)
依頼当日に接見し,すぐに状況を把握。検察官への的確な主張によって不起訴処分を獲得
ケース31 (40歳代男性 迷惑行為防止条例違反)
ご依頼後,弁護士がただちに行動。丁寧な対応で示談を成立させ,不起訴処分に
ケース30 (30歳代男性 覚せい剤取締法違反)
弁護士が入念なアドバイスを行い,執行猶予付き判決に。細かな報告でご家族の不安を解消
ケース29 (30歳代男性 窃盗)
逮捕直後の依頼にスピーディーに対応。勾留請求の却下を勝ち取り,仕事へ無事に復帰,不起訴処分へ
ケース28 (40歳代男性 児童買春・児童ポルノ禁止法違反)
捜査を受けた依頼者の方をサポート。弁護士の的確な対応で身柄の拘束を免れて不起訴に
ケース27 (20歳代男性 住居侵入)
身に覚えのない余罪から大切な方を守り,示談を成立させて不起訴処分を獲得
ケース26 (30歳代男性 迷惑行為防止条例違反)
被害者の方が未成年でも,弁護士が心情をくみ取り示談交渉。最終的に不起訴処分を獲得
ケース25 (20歳代男性 強盗致傷)
冤罪事件に巻き込まれ逮捕。しかし,早期に弁護士に依頼したことで無実に
ケース24 (30歳代女性 暴行)
大切な方が逮捕・勾留されましたら,すぐに弁護士にご相談を。被害者の方も以前と変わらず職場復帰が可能に
ケース23 (30歳代女性 窃盗)
検察官からの処分が下る前に再犯。不測の事態も弁護士の交渉で不起訴処分に
ケース22 (30歳代男性 迷惑行為防止条例違反)
弁護士による被害者の方との丁寧な示談交渉により不起訴処分に
ケース21 (30歳代男性 傷害)
不当な取調べの対処やスピーディーな被害者との示談交渉は,弁護士にお任せを
ケース20 (60歳代男性 傷害)
弁護士のスピーディーかつ的確な対応で,異例の微罪処分に
ケース19 (40歳代男性 強制わいせつ)
有罪となる可能性も弁護士が間に入り,わずか2回で示談成立。不起訴処分に
ケース18 (50歳代男性 暴行)
被害者の方の心情をくみ取り,弁護士が謝罪と示談交渉。不起訴処分の獲得へ
ケース17 (30歳代男性 迷惑行為防止条例違反)
痴漢で現行犯逮捕。釈放後,すぐに弁護士に相談したことで早期の社会復帰へ
ケース16 (20歳代男性 恐喝)
共犯者がいる事件でも安心してご相談を。早期解決を目指します
ケース15 (20歳代男性 傷害)
接見できない場合は,まずは弁護士に相談を。問題が悪化する前に,早期解決へ
ケース14 (50歳代男性 迷惑行為防止条例違反)
弁護士の的確な対応により不起訴処分を獲得。人生の再スタートへ
ケース13 (30歳代男性 迷惑行為防止条例違反)
罰金刑の可能性が高かった事案も,弁護士の弁護活動により不起訴処分を獲得
ケース12 (30歳代男性 迷惑行為防止条例違反)
被害者との示談交渉は早い相談を。弁護士が間に入ることで不起訴処分へ
ケース11 (20歳代男性 強制わいせつ罪)
強制わいせつ罪で逮捕されるも,弁護士の粘り強い交渉で不起訴処分を獲得
ケース10 (40歳代男性 迷惑行為防止条例違反)
処分決定まで時間がなくても,弁護士のスピーディーな対応で不起訴処分に
ケース9 (50歳代男性 業務上横領)
高額な横領で逮捕。弁護士の弁護活動により実刑を免れ,執行猶予付判決に
ケース8 (20歳代男性 迷惑行為防止条例違反)
被害者の方が怪我してしまった事件も,弁護士が間に入ることで早期解決へ
ケース7 (30歳代男性 迷惑行為防止条例違反)
弁護士の粘り強い交渉により,謝罪と反省の気持ちが伝わり不起訴処分へ
ケース6 (30歳代男性 迷惑行為防止条例違反)
在宅事件について弁護士が被害者と示談交渉。不起訴処分を獲得
ケース5 (40歳代男性 迷惑行為防止条例違反)
前科・余罪があったものの,弁護士の的確な対応により不起訴処分へ
ケース4 (20歳代男性 強姦罪)
強姦罪で告訴されるも,弁護士の交渉により示談金額を大幅に減額して,不起訴処分に
ケース3 (30歳代男性 銃刀法違反)
起訴される可能性の高かった窃盗事件も,弁護士の粘り強い交渉により不起訴に
ケース2 (20歳代男性 強盗)
ご家族が逮捕されて接見禁止となってしまったら,弁護士がただちに接見に参ります
ケース1 (50歳代男性 迷惑行為防止条例違反)
痴漢の現行犯で逮捕。弁護士の交渉により,被害者と示談成立

※刑事事件は,具体的な事実関係によって結果が異なります。
類似した事例であっても同様の結果になるとは限りませんので,ご注意ください。

逮捕・勾留・刑事裁判のご相談は 何度でも無料!

0120-889-631(ゼロイチニーゼロハヤクムザイ)

  • [無料]資料請求
  • 刑事弁護のご相談なら,何度でも無料です。
  • 法律相談実績40万人のアディーレ法律事務所だからできる,安心サポート!
  • ご家族や大切な方が突然逮捕されてしまっても,慌てずに当事務所までご相談ください。