逮捕・勾留など刑事事件の弁護士はアディーレ法律事務所

警察と検察の違いについて

犯人の特定や証拠の収集など,刑事事件についての捜査を行う公的な機関である点で警察と検察は共通しています。

しかし,被疑者を起訴して裁判にかけるかどうかを決定する権限は検察にしかなく,警察が起訴するかどうかを決定することはできません。そのため,警察は事件についての捜査を行い,被疑者の身柄や証拠などを検察へ送ります。その後,検察が警察の集めた証拠を検討したり,あらためて取調べ等を行ったうえで,最終的に起訴するかどうかを決定することになります。

また,裁判の場において,検察は裁判の当事者として被告人の有罪を立証すべく活動しますが,警察は裁判の当事者ではありません。場合によっては,取調べ等を担当した警察官が裁判に出廷することもありますが,これはあくまで証人のひとりとして尋問を受けているに過ぎません。

0120-889-631(ゼロイチニーゼロ ハヤク ムザイ)
0120-889-631(ゼロイチニーゼロ ハヤク ムザイ)

弁護士  正木 裕美  [愛知県弁護士会]

逮捕勾留刑事裁判のご相談は何度でも無料!

0120-889-631 受付時間 朝10時~夜10時(土日祝も受付中)

メールでのお問い合わせ

  • 刑事弁護のご相談なら、何度でも無料です
  • ご家族や大切な方が突然逮捕されてしまっても、慌てずに当事務所までご相談ください