逮捕・勾留など刑事事件の弁護士はアディーレ法律事務所

本契約前接見

接見する弁護士

「家族が突然逮捕されてしまった…」
「警察から突然逮捕の連絡がきた…」
「警察に面会に行ったが会わせてもらえなかった…」

まずはアディーレにお電話ください

多くの人にとって突然逮捕されることは,大変にショッキングなできごとです。
しかし,弁護士であれば,日常的に弁護活動を行っており,弁護人としてスピーディーに対応できます。

逮捕されてから72時間は,家族でも面会できない
たったひとりの過酷な取調べ

逮捕されてから72時間は,家族でも面会できない

警察や検察等の捜査機関の取調べは過酷で,たとえやっていなくても精神的に追い詰められた被疑者ご本人は,解放されたい一心から犯していない罪を認めてしまうケースも多くあります。逮捕されてから勾留決定までの間(逮捕されてから72時間以内)は,たとえ家族であっても接見することができず,被疑者の方はたったひとりで過酷な取調べに対応しなければなりません。

弁護士ならすぐに接見が可能 経験に基づいた適切なアドバイスと,メンタル面でのサポート

弁護士であれば,逮捕段階からすぐに接見を行うことが可能であり,「取調べに対し,どう対応すればいいのか?」「いつまで拘束されるのか?」「これからの手続はどういう流れなのか?」「どれくらいの刑になりそうなのか?」などの質問に対し,これまでの刑事弁護の経験に基づき,適切なアドバイスを行うことができます。また,ご家族からの伝言をご本人に伝えたり,逆にご本人からの伝言をご家族に伝えることができ,メンタル面でもサポートをすることができます。

1日の依頼の遅れが大きな結果の違いに
アディーレは全国に支店があるから,スピーディーな対応が可能

事務所

刑事事件は,スピード勝負です。多くのケースで,1日の依頼の遅れが大きな結果の違いを生みます。まずは,当事務所にご相談ください。安心の全国対応で,弁護士が警察署・拘置施設へ接見に向かいます。

ご家族に代わって接見時に弁護士が差入れ

勾留中は,弁護士からご本人に,生活必需品などを差入れすることが,一定の限度で認められています(差入れ不可能な物品もあります)。
被疑者の方が留置場・拘置所で心細い思いをしている中,ご家族とコミュニケーションをとる手段のひとつとしてご利用いただいています。

弁護士による接見の特徴

アディーレ法律事務所は,安心の全国対応となっております。弁護士が直接,警察署・留置場まで向かい,本人と面会して事件の詳細を聴取し,適切なアドバイスを行います。

弁護士による被疑者の方との面会は,一般の方による面会とは異なり,優れたメリットがあります。

弁護士による面会 一般の方による面会
接見可能時期
  • 制限なし

逮捕されてからすぐに接見可能

  • 制限あり

逮捕されてから勾留決定(逮捕から72時間後)されるまでは,面会不可能

時間の制限
  • 制限なし

早朝・夜間でも面会可能
時間制限なし

  • 制限あり

朝9時~夕方5時まで
15~20分程度の時間制限あり

日時の制限
  • 制限なし

土日祝日でも面会可能

  • 制限あり

月曜日~金曜日までの平日に限定

方法の制限
  • 制限なし

警察官の立会なしで,被疑者と二人だけで面会可能

  • 制限あり

警察官の立会があり,会話の内容がメモされる

人数の制限
  • 制限なし

1日に何人でも面会可能

  • 制限あり

1日1組3人まで

接見禁止との
関係
  • 制限なし

接見禁止の場合でも関係なく面会できる

  • 制限あり

接見禁止の場合,一般の方は面会不可

アディーレだからできる全国一律費用

少しでも「身近な」法律事務所を目指す当事務所では,ご相談者が少しでも費用面でご不安を感じないように,弁護士費用を『依頼内容に応じて明確に設定』しております。

警察署までの距離や移動時間に応じて,接見にかかる費用や日当が変動する法律事務所もあるようですが,アディーレでは全国一律に費用を設定しております。これは,全国に70拠点以上あるアディーレだからこそ可能なのです。接見にかかる交通費は,いただいておりません!

※一部の地域でお引き受けできない場合がございます。詳しくはお問い合わせください。

ご依頼されたご家族からお寄せいただいた声

ご家族が突然逮捕され,当事務所にご相談されたA様

突然の事件を息子が起こし、気持ちが動転している中でどうしたらよいか全く見当がつかない状態でした。
警察署から“盗撮の疑いで逮捕し、本人も認めているので拘束している”とだけ連絡があり、その後どうなるのか大変不安な状態だった事が相談する大きな一因でした。

フリーダイヤルで相談し、その1時間半後に担当弁護士様、事務員様と直接相談ができたというスピーディな対応、そして親切、親身な説明はたいへん好感が持てました。
また、相談後、夜間にもかかわらずギリギリのタイミングでも接見に出向いていただいた事は感謝に耐えません。

突然の事件を息子が起こし、気持ちが動転している中でどうしたらよいか全く見当がつかない状態でした。警察署から“盗撮の疑いで逮捕し、本人も認めているので拘束している”とだけ連絡があり、その後どうなるのか大変不安な状態だった事が相談する大きな一因でした。 フリーダイヤルで相談し、その1時間半後に担当弁護士様、事務員様と直接相談ができたというスピーディな対応、そして親切、親身な説明はたいへん好感が持てました。また、相談後、夜間にもかかわらずギリギリのタイミングでも接見に出向いていただいた事は感謝に耐えません。

本契約前接見に関するよくあるご質問

本契約前接見とは,どのようなサービスですか?

依頼者の方のご家族や大切な方が突然逮捕され,警察署などに身柄を拘束されている場合,逮捕から勾留決定(逮捕から72時間後)までは,たとえ家族であっても被疑者であるご本人に会うことはできません。ご家族の方もご本人も不安で,いてもたってもいられないことと思います。

このような場合,当事務所にご相談いただければ,身柄が拘束されている場所を確認し,弁護士がすみやかに接見に向かいます。また,ご本人の状況確認を行い,ご本人やご家族の方へ適切なアドバイスを行うことができます。

ご本人はたったひとりで警察等の過酷な取調べに対応しなければならず,精神的にも肉体的にも大変辛い状況です。弁護士が接見に向かうことで,ご本人の精神的サポートを行うことも可能です。
また,接見終了後には,ご家族の方へ弁護士からご本人の状況を報告させていただきます。

被疑者の方が留置場・拘置所で心細い思いをしている中,ご家族とコミュニケーションをとる手段のひとつとしてご利用いただいています。

本契約前接見の費用はいくらかかるのでしょうか?

本契約前接見費用として6万4800円(消費税込)をいただいております。依頼者の方からの入金が確認でき次第,弁護士が接見に向かいます。当事務所では,接見場所へ向かうためにかかる交通費はいただいておりません。

まずは,本契約前接見をご利用いただき,被疑者であるご本人の状況を確認したうえで,その後の弁護活動を当事務所がお任せいただけるかどうかをご検討ください。

本契約前接見利用後も引き続き弁護活動を依頼したいのですが?

本契約前接見後も引き続き弁護活動を当事務所に依頼する場合,その後に必要となる弁護士費用から6万4800円を差し引いた金額をいただいております。追加で必要となる弁護士費用の入金が確認でき次第,弁護活動を開始いたします。

本契約前接見の流れ

Step 1 お電話

お電話でのご予約

までお電話ください。
朝10時~夜10時まで,土日祝日休まず受け付けております。

Step 2 事件内容の把握

事件の内容と身柄が拘束されている場所を確認し,ご依頼者の方が弁護士による接見を希望される場合,一度切電し,弁護士のスケジュールを確認いたします。

  • 本契約前接見のご依頼は,被疑者であるご本人の独立の弁護人選任権を有する配偶者,父母,祖父母,息子娘,兄弟姉妹の方に限らせていただきます。

Step 3 弁護士のスケジュールの確認

事件の内容を弁護士が確認し,スケジュール調整を行います。その後,当事務所より接見の可否とかかる費用について依頼者の方へ連絡いたします。

  • 事案に応じ,先に弁護士が依頼者の方と面談をさせていただく場合がございます。

Step 4 費用のお振込

着手金6万4800円を当事務所より指定する銀行口座へお振り込みください。
ご入金が確認でき次第,弁護士が接見に向かいます。

Step 5 接見・差入れ

弁護士が身柄が拘束されている場所に向かい,接見・差入れを行います。
接見後に依頼者の方へ接見内容につき,報告させていただきます。

  • 証拠隠滅等の犯罪行為を示唆する伝言については,お伝えすることができません。

弁護士  正木 裕美  [愛知県弁護士会]

逮捕勾留刑事裁判のご相談は何度でも無料!

0120-889-631 受付時間 朝10時~夜10時(土日祝も受付中)

メールでのお問い合わせ

  • 刑事弁護のご相談なら、何度でも無料です
  • ご家族や大切な方が突然逮捕されてしまっても、慌てずに当事務所までご相談ください