被告人と被疑者の違い | 刑事事件の弁護士はアディーレ法律事務所

被告人と被疑者の違い

被疑者とは,警察や検察などの捜査機関から犯罪の疑いをかけられ捜査の対象となっている者で,いまだ起訴されていない者をいいます。逮捕されていなくても,捜査機関から犯罪の疑いをかけられていれば被疑者となります。なお,ニュースやドラマなどでは,一般的に犯罪の疑いをかけられている者を容疑者と呼んだりしますが,被疑者はこれとほぼ同じ意味です。被疑者は,「無罪の推定」により,裁判において有罪を宣告されるまで犯罪者として扱われることはありません。

これに対して,被告人とは,捜査機関によって犯罪の疑いをかけられ,検察官から起訴された者をいいます。つまり,被疑者が検察官により起訴されると被告人になります。被告人の場合も,被疑者と同じく「無実の推定」が適用されますので,裁判において有罪を宣告されるまで犯罪者として扱われることはありません。

逮捕・勾留・刑事裁判のご相談は 何度でも無料!

0120-889-631(ゼロイチニーゼロハヤクムザイ)

  • [無料]資料請求
  • 刑事弁護のご相談なら,何度でも無料です。
  • 法律相談実績40万人のアディーレ法律事務所だからできる,安心サポート!
  • ご家族や大切な方が突然逮捕されてしまっても,慌てずに当事務所までご相談ください。