逮捕・勾留など刑事事件の弁護士はアディーレ法律事務所

国選弁護人を私選弁護人に変更することは可能ですか?

もちろん,変更は可能です。新たに私選弁護人を選任すると,これまで就いていた国選弁護人は裁判所によって解任されることになります。

刑事事件は時間との勝負です。国選弁護人にご不安がある場合には,早い段階で私選弁護人を選任することをおすすめいたします。

当事務所へご相談いただいた場合は,接見のご依頼等にスピーディーに対応し,今後の見通しや手続について分かりやすくご説明したうえで,最善の結果を導くために尽力いたします。

弁護士  正木 裕美  [愛知県弁護士会]

逮捕勾留刑事裁判のご相談は何度でも無料!

0120-889-631 受付時間 朝10時~夜10時(土日祝も受付中)

メールでのお問い合わせ

  • 刑事弁護のご相談なら、何度でも無料です
  • ご家族や大切な方が突然逮捕されてしまっても、慌てずに当事務所までご相談ください