逮捕・勾留など刑事事件の弁護士はアディーレ法律事務所

留置場での生活はどのようになっていますか?

基本的には居室と呼ばれる部屋の中で過ごしますが,取調べ等がある場合は留置場から外へ移動します。留置場によって多少時間は異なりますが,日課が大まかに決められています。

一日の流れを説明しますと,

06:30
部屋の電気が点いて起床となります。布団を自分たちでたたみます。

07:00
居室で朝食を取ります。

07:30
運動場と呼ばれる小さな広場で運動をすることができます。また,喫煙者はこの運動の時間に煙草を吸うことができます。

12:00
居室で昼食を取ります。

17:00
居室で夕食を取ります。
※入浴は週に2回程度,決められた時間に入ります。

21:00
就寝となります。

このように,取調べ等がない場合は居室の中で過ごす時間がとても多いため,本などの差し入れが望ましいです。なお,無料で備付けの新聞や本を閲覧したりすることもできますし,限られた時間ですが,一定の時間にニュースや音楽などのラジオを聴くことも可能です。月に2回の健康診断もあり,病気やケガをしたときは公費で治療を受けられます。

弁護士  正木 裕美  [愛知県弁護士会]

逮捕勾留刑事裁判のご相談は何度でも無料!

0120-889-631 受付時間 朝10時~夜10時(土日祝も受付中)

メールでのお問い合わせ

  • 刑事弁護のご相談なら、何度でも無料です
  • ご家族や大切な方が突然逮捕されてしまっても、慌てずに当事務所までご相談ください