刑事事件に関するQ&A | 逮捕・勾留など刑事事件の弁護士はアディーレ法律事務所

昔の事件のことを告訴するといわれて困っています。昔のことでも告訴はできるのですか?時効はないのでしょうか?

器物損壊罪などの親告罪においては,告訴をする権利(告訴権)にも時効があり,犯人を知った日から6ヵ月でその権利が消滅します。ただし,性犯罪についての告訴権は消滅しません。これは,被害者側の精神的ショックなどに配慮しているからです。

告訴を必要としない非親告罪は,たとえ告訴権が時効を迎えていた場合であっても,告訴があるか否かが起訴に影響をおよぼさないため,事件の時効を迎えるまでは罪に問われる(起訴される)可能性があるでしょう。

逮捕・勾留から起訴されるまで(捜査段階)

逮捕・勾留・刑事裁判のご相談は 何度でも無料!

0120-889-631(ゼロイチニーゼロハヤクムザイ)

  • [無料]資料請求
  • 刑事弁護のご相談なら,何度でも無料です。
  • 法律相談実績45万人のアディーレ法律事務所だからできる,安心サポート!
  • ご家族や大切な方が突然逮捕されてしまっても,慌てずに当事務所までご相談ください。