逮捕・勾留など刑事事件の弁護士はアディーレ法律事務所

case 69社内で事件を起こし解雇。再就職への悪影響を心配して弁護士に依頼し,無事に再スタート

Eさんの解決事例(男性・50歳代)

主な罪名 傷害
弁護活動の結果 不起訴

Eさんは,仕事中に上司の発言にカッとなり,顔を殴って全治2週間のケガを負わせてしまいました。そして後日,上司が警察に被害届を提出したため,取調べを受けてしまいました。Eさんはこれからどうしたらよいかわからなくなってしまい,当事務所にご相談くださいました。

Eさんから詳しくお話を伺うと,勤務先は解雇され,前科がつくと今後の再就職にも悪影響をおよぼしてしまうのではないかと心配されていました。弁護士は,不起訴処分になれば前科はつかず,上司と示談が成立すれば不起訴処分になる可能性があることをご説明しました。

ご依頼後,弁護士はEさんの勤務先にすぐ連絡すると,上司の代理人として会社の方が示談交渉に応じてくださいました。交渉では,理不尽な暴行を深くお詫びし,謝罪文をお渡しするなど,Eさんの反省の気持ちをお伝えしました。その結果,上司はEさんの再就職を案じてくださり,示談が成立して被害届も取り下げていただけました。示談成立後,Eさんが大変反省していることから不起訴処分が妥当であると主張した意見書を検察官に提出したところ,最終的にEさんは不起訴処分となりました。

今回のように,傷害や暴行など,他人に危害を与えた犯罪で不起訴処分を得るためには,被害者の方と示談をすることが重要です。弁護士にご依頼いただければ,依頼者の方の謝罪の気持ちを被害者の方に丁寧に伝え,示談の成立に全力を尽くします。また,前科がつくと資格や職業が制限されてしまいますが,不起訴処分になれば前科はつかず,その心配もなくなります。依頼者の方の仕事に影響が出ないよう,弁護士が最善かつ迅速な弁護活動を行いますので,できるだけ早く当事務所にご相談ください。

弁護士  正木 裕美  [愛知県弁護士会]

逮捕勾留刑事裁判のご相談は何度でも無料!

0120-889-631 受付時間 朝10時~夜10時(土日祝も受付中)

メールでのお問い合わせ

  • 刑事弁護のご相談なら、何度でも無料です
  • ご家族や大切な方が突然逮捕されてしまっても、慌てずに当事務所までご相談ください