逮捕・勾留など刑事事件の弁護士はアディーレ法律事務所

case 64日曜日のご相談でも弁護士が即日接見し,ご家族の不安を解消。起訴を免れ,略式命令に

Sさんの解決事例(男性・40歳代)

主な罪名 迷惑防止条例違反
弁護活動の結果 略式命令

Sさんは,小型カメラで盗撮していたところを見つかり,警察官に逮捕されてしまいました。逮捕の連絡を受けたSさんのご家族は,Sさんのことが心配となり,弁護士にすぐ接見してほしいと考えました。連絡を受けた日が日曜日であったことから,週末でも対応できる法律事務所を探し,当事務所にご相談くださいました。

ご依頼当日,弁護士はSさんに接見しました。お話を伺うと,取調べでは過去の盗撮も自白するなど,過ちを素直に認め,反省の気持ちを伝えているとのことでした。そこで,取調べの対処方法をアドバイスし,今後の弁護活動についてご説明しました。そして接見終了後は,Sさんの状況や様子をご家族にご報告しました。

その後,Sさんは,勾留されないことが決定し,接見の2日後に釈放されて在宅事件になりました。弁護士は,被害者の方との示談交渉を開始し,Sさんの謝罪の気持ちを丁寧にお伝えしました。その結果,被害者の方がSさんの謝罪を受け入れてくださり,示談が成立しました。その後,検察官に示談成立の旨を報告し,寛大な処分にするべきであると主張したところ,最終的にSさんは略式命令となり,罰金を支払って事件は終結となりました。

今回のように,大切な方が逮捕されてから最大72時間はご家族であっても面会できません。しかし,弁護士であれば,逮捕直後から接見が可能であり,いち早く状況を把握することができます。当事務所の弁護士は,日曜日や祝日でも速やかに接見に向かいます。刑事事件ではスピードが勝負ですので,大切な方が逮捕され,身柄を拘束されてしまったら,すぐ当事務所にご相談ください。

弁護士  正木 裕美  [愛知県弁護士会]

逮捕勾留刑事裁判のご相談は何度でも無料!

0120-889-631 受付時間 朝10時~夜10時(土日祝も受付中)

メールでのお問い合わせ

  • 刑事弁護のご相談なら、何度でも無料です
  • ご家族や大切な方が突然逮捕されてしまっても、慌てずに当事務所までご相談ください