前科のある窃盗で逮捕され裁判の不安。的確な弁護活動により裁判を免れ,略式命令に

ケース202 前科のある窃盗で逮捕され裁判の不安。的確な弁護活動により裁判を免れ,略式命令に

Gさんの解決事例(男性・40歳代)

主な罪名 窃盗
弁護活動の結果 略式命令

Gさんは,スーパーで商品を盗み,警察に逮捕されてしまいました。その後身柄を解放されましたが,今後どのような手続や処分になるのか不安になり,刑事事件の弁護に力を入れている当事務所にご相談くださいました。

弁護士が,詳しくお話を伺ったところ,Gさんは以前,同じ窃盗で前科があり,起訴されて裁判になることを心配されていました。また,今回,複数の窃盗で取調べを受けており,重い処分を下される可能性がありました。弁護士は,影響の少ない処分の獲得には早急に対応を行う必要があることを説明し,全力で弁護させていただく旨をお伝えした結果,正式にご依頼いただくことになりました。

弁護士は,謝罪文の書き方などについて,丁寧にアドバイスを行いました。残念ながら,被害者の方と示談することは叶いませんでしたが,弁護士は,Gさんが真摯に反省していること,家族による監督環境が整っていることなどを記載した意見書を検察官に提出し,寛大な処分を求めました。その結果,略式命令で罰金刑が確定し,裁判を免れて元の生活に戻ることができました。

今回のように,前科や前歴がある犯罪で逮捕された場合,早急な対応をしないと重い処分を受けてしまう可能性があります。弁護士にご依頼いただければ,謝罪文の書き方などをはじめとするさまざまなアドバイスを行ったり,影響の少ない処分となるよう捜査機関に働きかけたりしてサポートいたします。事件を起こして逮捕されてしまったら,すぐに当事務所までご相談ください。

逮捕・勾留・刑事裁判のご相談は 何度でも無料!

0120-889-631(ゼロイチニーゼロハヤクムザイ)

  • [無料]資料請求
  • 刑事弁護のご相談なら,何度でも無料です。
  • 法律相談実績45万人のアディーレ法律事務所だからできる,安心サポート!
  • ご家族や大切な方が突然逮捕されてしまっても,慌てずに当事務所までご相談ください。