逮捕・勾留など刑事事件の弁護士はアディーレ法律事務所

case 186複数の詐欺事件で起訴され実刑の不安。迅速かつ的確な弁護活動で執行猶予付き判決に

Kさんの解決事例(男性・40歳代)

主な罪名 詐欺,詐欺未遂
弁護活動の結果 執行猶予付き判決

Kさんは,詐欺事件に加担したとして警察に逮捕され,その後勾留されてしまいました。Kさんには国選弁護人が付いていましたが,対応が遅く,Kさんのご家族は状況がわからずに困っていました。そこで,私選弁護人に依頼したいと,刑事事件の弁護に力を入れている当事務所にご相談くださいました。

弁護士は,すぐさまKさんに接見しました。Kさんはほかの詐欺事件にも関わったことが判明して再逮捕される予定であり,その事件も合わせて弁護活動を行うことを希望され,弁護士は全力で弁護活動を行うことをお伝えしました。

ほどなく,Kさんは2つの詐欺事件に関してそれぞれ起訴され,裁判が行われることになりました。弁護士は,Kさんと何度も接見し,裁判に向けた準備を入念に行いました。また弁護士は,並行して被害者の方との示談交渉を進めました。被害者の方に謝罪と被害弁償を行いたい旨をお伝えし,粘り強く示談交渉を行ったところ,被害者の方のおひとりに謝罪と被害弁償を行い,許していただくとともに被害届の取り下げを受けることができました。その後,裁判において,被害者の方へ被害弁償を行い,被害者の方から許していただいていること,Kさんが大変反省していること,家族による指導や監督で再犯の可能性がないことなどを主張した結果,Kさんは執行猶予付き判決となり,実刑を免れることができました。

今回のように,複数の事件について起訴された場合には,実刑を受ける可能性が高くなり,不安になることと思います。弁護士にご依頼いただければ,被害者の方との示談交渉に加え,ご家族の方とともに再犯防止のための環境の調整や裁判に向けた打ち合わせなどをしたうえで,的確な弁護活動を行います。ご家族が事件を起こし,逮捕・勾留されてしまったら,まず当事務所までご相談ください。

弁護士  正木 裕美  [愛知県弁護士会]

逮捕勾留刑事裁判のご相談は何度でも無料!

0120-889-631 受付時間 朝10時~夜10時(土日祝も受付中)

メールでのお問い合わせ

  • 刑事弁護のご相談なら、何度でも無料です
  • ご家族や大切な方が突然逮捕されてしまっても、慌てずに当事務所までご相談ください