逮捕・勾留など刑事事件の弁護士はアディーレ法律事務所

case 14弁護士の的確な対応により不起訴処分を獲得。人生の再スタートへ

Cさんの解決事例(男性・50歳代)

主な罪名 公衆に著しく迷惑をかける暴力的不良行為等防止に関する条例(迷惑防止条例)違反
弁護活動の結果 不起訴

Cさんは書店で女性の臀部を触ったということで,痴漢の容疑で現行犯逮捕されました。犯行を素直に認めていたCさんは,被害者の方にきちんと謝罪をしたいという気持ちを持っていましたが,ご自身ではどうすることもできず,取調べを受けた後,当事務所にご相談くださいました。

Cさんは多忙な方で,海外でも仕事をしていました。国によっては,罪名にもよりますが,前科がつくと仕事に支障が出るおそれがあります。そのため,Cさんは前科がつくことを非常に心配しておりました。

ご依頼を受けた当事務所は,ただちに警察に出向き,被害者の方と連絡を取りました。Cさんは深く反省をされていたため,被害者の方にCさんの謝罪の気持ちを伝えました。それと同時に示談交渉も粘り強く行いました。その結果,被害者の方との間で示談が成立しました。

また,検察官に示談が成立したことと被害者の方が刑事処分を望まず,告訴も取り下げる意思があることを伝えました。さらに,それらを示す証拠書類を送付し,不起訴処分としてもらえるよう弁護活動を尽くしたところ,Cさんの不起訴処分が確定しました。

刑事事件の場合,加害者は被害者の方と直接交渉することはできません。そのいっぽうで,被害者の方は,加害者からの謝罪を受けるのを避けたいと思っている方が多くいらっしゃいます。当事務所では,被害者の方の心情を考慮したうえで,謝罪や示談交渉を進めてまいります。

私たちは,加害者の方が人生の再スタートを切り,元の生活を取り戻していただけるよう尽力いたしますので,できる限り早く弁護士にご相談されることをおすすめします。

弁護士  正木 裕美  [愛知県弁護士会]

逮捕勾留刑事裁判のご相談は何度でも無料!

0120-889-631 受付時間 朝10時~夜10時(土日祝も受付中)

メールでのお問い合わせ

  • 刑事弁護のご相談なら、何度でも無料です
  • ご家族や大切な方が突然逮捕されてしまっても、慌てずに当事務所までご相談ください