逮捕・勾留など刑事事件の弁護士はアディーレ法律事務所

case 125前科が付くと失職のおそれ。弁護士が粘り強く説得して示談がまとまり,不起訴処分に

Tさんの解決事例(男性・20歳代)

主な罪名 傷害
弁護活動の結果 不起訴

Tさんは,知人の女性に対して暴行を加え,ケガを負わせてしまいました。逮捕はされず,警察から事情聴取を受けた後に在宅事件となりましたが,Tさんには同種の前歴があるため,今回は厳しい処分になってしまうのではないかと不安になりました。そこで,刑事事件の弁護に力を入れている弁護士の話を聞きたいと思い,当事務所にご相談くださいました。

詳しく話を伺うと,Tさんは前科が付くと資格停止となり,失職してしまうおそれのある職業に就いていました。弁護士は,前歴があっても示談交渉や検察官への働きかけなど適切な弁護活動を行い,仕事に大きな影響がおよばない処分となるように尽力するとご説明したところ,正式にご依頼いただけることになりました。

弁護士はすぐに被害者の方とご連絡を取り,示談交渉を開始しました。被害者の方は非常にお怒りで,当初は示談を拒否されていました。しかしあきらめずにTさんの被害者の方に対する真摯な気持ちをつづった謝罪文を読んでいただき,弁護士からも謝罪して粘り強く説得を重ねた結果,気持ちが伝わり示談が成立し,被害届も取り下げていただくことができました。その後,示談が成立して被害届が取り下げられたことや,Tさんが深い反省をしているために再犯の可能性がないことなどから不起訴処分が妥当であると検察官に主張しました。その結果,ご相談から約1ヵ月で不起訴処分が確定し,Tさんは失職する不安を解消して以前の生活に戻ることができました。

今回のように,起訴されて実刑判決の処分を受けてしまうと,資格停止となり,仕事に大きな影響がおよぶ可能性があります。弁護士は被害者の方との示談交渉や,捜査機関への主張を的確に行い,日常生活に影響が出ないように不起訴処分の獲得を目指した弁護活動を行います。刑事事件は取り返しがつかなくなる前にすこしでも早い弁護活動を開始することが重要です。すぐに当事務所までご相談ください。

弁護士  正木 裕美  [愛知県弁護士会]

逮捕勾留刑事裁判のご相談は何度でも無料!

0120-889-631 受付時間 朝10時~夜10時(土日祝も受付中)

メールでのお問い合わせ

  • 刑事弁護のご相談なら、何度でも無料です
  • ご家族や大切な方が突然逮捕されてしまっても、慌てずに当事務所までご相談ください