逮捕・勾留など刑事事件の弁護士はアディーレ法律事務所

case 113前科のある窃盗で逮捕。的確な弁護活動により略式命令となり,社会復帰へ

Yさんの解決事例(女性・40歳代)

主な罪名 窃盗
弁護活動の結果 略式命令

Yさんは,スーパーで数点の食料品などを盗んだことで,その場で現行犯逮捕されてしまいました。取調べで罪を素直に認めたため,勾留されずに身柄は解放されましたが,Yさんは,起訴されてしまうと仕事に悪影響をおよぼしてしまうのではないかという不安から,刑事事件の弁護に力を入れている弁護士の話を聞きたいと思い,当事務所にご相談くださいました。

弁護士は,Yさんに話を詳しく伺うと,過去に万引きで逮捕された複数の前科があることがわかりました。担当の検察官からは起訴して裁判になる可能性があるといわれており,このままでは執行猶予付き判決や懲役刑(実刑)となるかもしれないとYさんは不安を感じていらっしゃいました。弁護士は,店舗と連絡を取り示談交渉を行うこと,できるだけ影響の少ない処分となるように働きかけを行うことをご説明しました。

ご依頼後,弁護士はすぐさまスーパーに連絡を取り,示談交渉を進めました。直接店舗に赴き,Yさんが心から反省した気持ちを書いた直筆の謝罪文を手渡すとともに,弁護士からも謝罪を重ね,粘り強く示談交渉を行いました。謝罪文は担当者に受け取っていただけたものの,店舗の方針で示談には応じていただけませんでした。しかし,示談交渉の経過をまとめた報告書と,Yさんが深く反省していること,今後はYさんの旦那さまが再犯防止に向けた監督環境が整えることから再犯の可能性がない旨を主張した意見書を作成し,検察官に提出しました。その結果,Yさんは略式命令による罰金刑にとどまり,以前の生活に戻ることができました。

今回のように,起訴されて裁判になると,日常生活に大きな影響をおよぼしかねません。弁護士は,被害者の方への示談交渉や,捜査機関への主張を的確に行うことで,依頼者の方が,影響が少なく再スタートできるように全力を尽くします。早期に相談し,適切な弁護活動を受けることが不安解消に繋がりますので,おひとりで悩まず,すぐに当事務所までご相談ください。

弁護士  正木 裕美  [愛知県弁護士会]

逮捕勾留刑事裁判のご相談は何度でも無料!

0120-889-631 受付時間 朝10時~夜10時(土日祝も受付中)

メールでのお問い合わせ

  • 刑事弁護のご相談なら、何度でも無料です
  • ご家族や大切な方が突然逮捕されてしまっても、慌てずに当事務所までご相談ください