処分決定まで時間がなくても,弁護士のスピーディーな対応で不起訴処分に

ケース10 処分決定まで時間がなくても,弁護士のスピーディーな対応で不起訴処分に

Yさんの解決事例(男性・40歳代)

主な罪名 公衆に著しく迷惑をかける暴力的不良行為等防止に関する条例(迷惑防止条例)違反
弁護活動の結果 不起訴

Yさんは電車の中で痴漢行為を行い,現行犯で逮捕されましたが,被疑事実を認めていたこともあり,送検後すぐに釈放されました。被害者の方と示談交渉を行いたかったYさんは,「それならば弁護人を選任するように」と検察官に促され,当事務所にご相談くださいました。検察官の処分決定まであまり時間がなかったため,いつも以上にスピーディーな交渉が求められている状況でした。

まず,当事務所の弁護士は検察官に連絡を取り,被害者の方の情報を入手しました。案件の内容等から一般的な賠償額を算出し,示談の提示条件を検討するいっぽうで,Yさんには謝罪文等の書き方をアドバイスしました。

弁護士は被害者の方と連絡を取り,Yさんの謝罪の気持ちを記した手紙を送付し,示談交渉を始めました。被害者の方には,再犯の予防策を具体的に提示し,今後一切Yさんが接触しないことについても詳しく説明し約束を交わしました。

弁護士の粘り強い交渉の結果,被害者の方と示談が成立。処分決定まで時間がありませんでしたが,弁護士のスピーディーな対応により,不起訴処分を得ることができました。

特に痴漢等のわいせつ犯罪では,示談の有無が検察官が処分を判断するうえで重要となってきます。できるだけ早い時期に弁護士に依頼をし,被害者の方との示談交渉を開始することをおすすめします。どうぞ遠慮なくご相談ください。

逮捕・勾留・刑事裁判のご相談は 何度でも無料!

0120-889-631(ゼロイチニーゼロハヤクムザイ)

  • [無料]資料請求
  • 刑事弁護のご相談なら,何度でも無料です。
  • 法律相談実績45万人のアディーレ法律事務所だからできる,安心サポート!
  • ご家族や大切な方が突然逮捕されてしまっても,慌てずに当事務所までご相談ください。