刑事事件に関する法律 | 逮捕・勾留など刑事事件の弁護士はアディーレ法律事務所

刑事事件に関する法律

刑事訴訟規則

第一編 総則・第七章 期間

(裁判所に対する訴訟行為をする者のための法定期間の延長・法第五十六条)

第六十六条

裁判所は、裁判所に対する訴訟行為をすべき者の住居又は事務所の所在地と裁判所の所在地との距離及び交通通信の便否を考慮し、法定の期間を延長するのを相当と認めるときは、決定で、延長する期間を定めなければならない。
2 前項の規定は、宣告した裁判に対する上訴の提起期間には、これを適用しない。
(昭二六最裁規一五・全改)

(検察官に対する訴訟行為をする者のための法定期間の延長・法第五十六条)

第六十六条の二

検察官は、検察官に対する訴訟行為をすべき者の住居又は事務所の所在地と検察庁の所在地との距離及び交通通信の便否を考慮し、法定の期間を延長するのを相当と思料するときは、裁判官にその期間の延長を請求しなければならない。
2 裁判官は、前項の請求を理由があると認めるときは、すみやかに延長する期間を定めなければならない。
3 前項の裁判は、検察官に告知することによつてその効力を生ずる。
4 検察官は、前項の裁判の告知を受けたときは、直ちにこれを当該訴訟行為をすべき者にしなければならない。
(昭二六最裁規一五・追加)

逮捕・勾留・刑事裁判のご相談は 何度でも無料!

0120-889-631(ゼロイチニーゼロハヤクムザイ)

  • [無料]資料請求
  • 刑事弁護のご相談なら,何度でも無料です。
  • 法律相談実績45万人のアディーレ法律事務所だからできる,安心サポート!
  • ご家族や大切な方が突然逮捕されてしまっても,慌てずに当事務所までご相談ください。