逮捕・勾留など刑事事件の弁護士はアディーレ法律事務所

case 90盗撮で逮捕されたご家族に弁護士が即日接見。誠意ある対応で示談をまとめて不起訴処分に

Cさんの解決事例(男性・30歳代)

主な罪名 迷惑防止条例違反
弁護活動の結果 不起訴

Cさんは,量販店の店内でスマートフォンを使って盗撮をしたところを見つかり,警察を呼ばれて逮捕されてしまいました。翌朝,息子が逮捕されたことを知って心配したCさんのお母様が,「接見してほしい」と当事務所にご相談くださいました。

弁護士は,ご相談を受けた当日に接見をしました。Cさんから詳しくお話を伺うと,取調べでは盗撮を認め,すべて正直に話しているとのことでした。そこで弁護士は,「取調べで呼び出された際は,引き続き正直に話すようにしてください」と取調べに対するアドバイスをし,今後の刑事事件の流れについてもご説明しました。そして,接見終了後はすぐにお母様に連絡をしてCさんの状況や今後の見通しをご説明しました。

その後,Cさんは勾留されることなく釈放され,在宅事件となりました。弁護士は,Cさんが取調べで呼び出された際にその都度アドバイスをするとともに,被害者の方との示談交渉を行いました。示談交渉では,被害者の方に対して深くお詫びをし,誠意ある対応でCさんの反省の気持ちをお伝えしていきました。その結果,被害者の方が示談に応じてくださり,示談書には「Cさんを許す」という一文を入れていただくこともできました。そして,示談が成立したこと,お母様が監督するため再犯のおそれがないことなどを記載した意見書を検察官に提出したところ,Cさんの不起訴処分が確定しました。

今回のように,ご家族が逮捕されたという連絡を受け,詳しい状況がわからないような場合は,すぐ刑事事件に強い弁護士にご相談ください。弁護士がただちに接見に向かい,迅速な状況把握に努めます。そして,依頼者の方とご家族にとってできるだけ影響の少ない結果となるよう,示談交渉をはじめとする弁護活動に全力を尽くします。大切なご家族が逮捕・勾留されてしまったら,すぐに当事務所までご相談ください。

弁護士  正木 裕美  [愛知県弁護士会]

逮捕勾留刑事裁判のご相談は何度でも無料!

0120-889-631 受付時間 朝10時~夜10時(土日祝も受付中)

メールでのお問い合わせ

  • 刑事弁護のご相談なら、何度でも無料です
  • ご家族や大切な方が突然逮捕されてしまっても、慌てずに当事務所までご相談ください