的確な弁護方針により依頼者の方の不安を解消。示談を成立させて不起訴に

ケース50 的確な弁護方針により依頼者の方の不安を解消。示談を成立させて不起訴に

Tさんの解決事例(男性・20歳代)

主な罪名 迷惑防止条例違反
弁護活動の結果 不起訴

Tさんは,お酒を飲んだ帰りの路上で女性の体を触り,女性が大声を出したため,逃走しました。しかし後日,警察に呼び出され,痴漢の容疑で逮捕されてしまいました。Tさんは取調べで正直に罪を認め,取調べ終了後に身柄を解放されました。

Tさんは,身柄が解放されて「もう罪を問われることはない」と考え,安心していました。しかし,知人に事情を話したところ,「身柄が解放されても,起訴されて前科が付く可能性がある」と指摘され,不安な気持ちでいっぱいになってしまいました。前科が付いてしまうのか,今後,自分はどうしたらよいのかわからなくなり,当事務所にご相談くださいました。

当事務所は,まず,身柄が解放された後も起訴されて刑が科せられる可能性があること,刑が科せられると前科が付くこと,不起訴となれば前科が付かないことなどをTさんにお伝えしました。さらに,弁護士が被害者の方と示談交渉を行い,示談が成立すれば,不起訴となる可能性が高くなることをご説明しました。刑事事件の正確な知識と,今後の弁護活動を詳しくご説明することで,Tさんの不安な気持ちを和らげることに努めました。

依頼を受けた当事務所の弁護士は,捜査機関から被害者の方の連絡先を聴取し,被害者の方と示談交渉をさせていただくことになりました。示談交渉では,TさんとTさんのご家族に書いていただいた謝罪文をお渡しし,Tさんの反省の気持ちを丁寧にお伝えしました。その結果,被害者の方が謝罪を受け入れてくださって示談が成立し,最終的にTさんの不起訴処分が確定しました。

今回のように,逮捕後,身柄を解放された場合でも,起訴されて罪を科せられると前科が付きます。弁護士は,依頼者の方が不起訴処分となるよう,示談交渉などの弁護活動を全力で行います。被害者の方がいらっしゃる事件では,示談が成立するか否かが処分に大きく影響します。まずは当事務所までご相談ください。

逮捕・勾留・刑事裁判のご相談は 何度でも無料!

0120-889-631(ゼロイチニーゼロハヤクムザイ)

  • [無料]資料請求
  • 刑事弁護のご相談なら,何度でも無料です。
  • 法律相談実績45万人のアディーレ法律事務所だからできる,安心サポート!
  • ご家族や大切な方が突然逮捕されてしまっても,慌てずに当事務所までご相談ください。