旅行先で事件を起こし告訴される。各支店の弁護士がチームを組んで弁護活動し,執行猶予付き判決に

ケース145 旅行先で事件を起こし告訴される。各支店の弁護士がチームを組んで弁護活動し,執行猶予付き判決に

Nさんの解決事例(男性・40歳代)

主な罪名 準強制わいせつ
弁護活動の結果 執行猶予付き判決

Nさんは,旅行中のバスの中で見ず知らずの女性にわいせつ行為を行っているところを見つかり,警察の取調べを受けて,在宅事件となってしまいました。どのような対応をすればいいのかわからず不安になったNさんは,刑事事件の弁護に力を入れている弁護士の話を聞きたいと思い,当事務所にご相談くださいました。

Nさんから詳しくお話を伺うと,旅行中の事件だったため,今後行われる旅行先での取調べや,被害者の方への謝罪方法について心配していました。弁護士は,当事務所は全国に支店があるため,旅行先の地域とNさんのお住まいの地域の支店の弁護士がチームを組んで対応し,弁護活動に全力を尽くすことをご説明したところ,正式にご依頼いただくことになりました。

ご依頼後,弁護士は詳細を確認するために検察官に連絡を取ったところ,被害者の方がNさんを告訴していることがわかりました。さらに,被害者の方は非常に怒っていて,連絡先の開示や示談には応じてもらえませんでした。そこで弁護士は,裁判で日常生活に影響の少ない判決の獲得を目指すことにしました。その後,旅行先の地域からNさんのお住まいの地域に事件が移送されましたが,各支店の弁護士が協力し,裁判に向けた打ち合わせや準備をスムーズに行い,Nさんに安心していただくことができました。そして裁判では,Nさんは落ち着いて受け答えをすることができ,弁護士はNさんが深く反省していることや,今後はNさんの姉が監視していくので再犯がないことを主張していきました。その結果,執行猶予付き判決が確定し,Nさんは実刑を免れることができました。

今回のように,旅行先で事件を起こしてしまった場合,取調べを担当する警察署と裁判を担当する裁判所の地域が異なる可能性があります。全国に支店を有する当事務所にご依頼いただければ,各支店の弁護士が連携を図って迅速な弁護活動を行い早期の解決を目指します。お住まいから遠方での取調べや裁判にも対応いたしますので,すぐに当事務所までご相談ください。

逮捕・勾留・刑事裁判のご相談は 何度でも無料!

0120-889-631(ゼロイチニーゼロハヤクムザイ)

  • [無料]資料請求
  • 刑事弁護のご相談なら,何度でも無料です。
  • 法律相談実績45万人のアディーレ法律事務所だからできる,安心サポート!
  • ご家族や大切な方が突然逮捕されてしまっても,慌てずに当事務所までご相談ください。