刑事事件に関するQ&A | 刑事事件の弁護士はアディーレ法律事務所

執行猶予の期間中に,再び罪を犯してしまったのですが,もう一度執行猶予をつけてもらえるのですか?

原則として執行猶予にはなりませんが,1年以下の懲役・禁錮の言渡しを受け,情状に特に酌量すべきものがあるときには,再度の執行猶予になることがあります。

刑法25条1項は,3年以下の懲役・禁錮か50万円以下の罰金の言渡しを受けたときであっても,(1)前に禁錮以上の刑に処せられたことがない者か,(2)前に禁錮以上の刑に処せられたことがあっても,その執行を終わった日又はその執行の免除を得た日から5年以内に禁錮以上の刑に処せられたことがない者でなければ,執行猶予にすることができないと定めています。そのため,執行猶予期間中に再び罪を犯してしまった場合には,もう一度執行猶予をつけることができないのが原則です。

しかし,同条2項は,執行猶予期間中に再び罪を犯してしまった場合であっても,(1)1年以下の懲役・禁錮の言渡しを受け,(2)情状に特に酌量すべきものがあるときには,再度の執行猶予にすることができると定めていますので,この場合には,もう一度執行猶予をつけてもらえる可能性はあります。

とはいえ,一度執行猶予にされているにもかかわらず,執行猶予期間中に再び罪を犯しているのですから,「情状に特に酌量すべきものがある」とはなかなか認めてもらえず,再度の執行猶予をつけてもらうことは非常に難しいといえます。

なお,執行猶予の期間中に保護観察に付されているときは,再度の執行猶予にすることはできません(同条2項ただし書き)。

逮捕・勾留・刑事裁判のご相談は 何度でも無料!

0120-889-631(ゼロイチニーゼロハヤクムザイ)

  • [無料]資料請求
  • 刑事弁護のご相談なら,何度でも無料です。
  • 法律相談実績40万人のアディーレ法律事務所だからできる,安心サポート!
  • ご家族や大切な方が突然逮捕されてしまっても,慌てずに当事務所までご相談ください。