刑事事件に関するQ&A | 刑事事件の弁護士はアディーレ法律事務所

保証金はいくらぐらいかかるのですか?相場を教えてください。

犯罪の性質や被告人の資産等にもよりますが,特に資産のない被告人の場合,150万円から300万円くらいが多いようです。

保釈は,保証金の納付等を条件として勾留されている被告人の身体を解放する制度ですが,保証金を納付させるのは,被告人の出頭を確実にすることが目的です。

そこで,刑事訴訟法は,保証金の金額は,「犯罪の性質及び情状,証拠の証明力並びに被告人の性格及び資産を考慮して,被告人の出頭を保証するに足りる相当な金額でなければならない」と定めています(刑事訴訟法93条)。

「被告人の出頭を保証するに足りる相当な金額でなければならない」というのは,要するに,被告人に「保証金を没収されたくないので,刑を科されるおそれがあっても出頭しなければならない」と思わせるだけの金額でなければならないという意味です。

このように,保証金の金額は,「被告人の出頭を保証するに足りる相当な金額」になりますので,同種の事件であっても,被告人の資産等によって金額は全く異なることがあります。政治家や芸能人の保証金が非常に高額であり,億単位になることがあるのも,このような理由によります。

したがって,保証金の金額をあらかじめ予想することは難しいのですが,特に資産のない被告人の場合,犯罪の性質等にもよりますが,150万円から300万円くらいになることが多いようです。

逮捕・勾留・刑事裁判のご相談は 何度でも無料!

0120-889-631(ゼロイチニーゼロハヤクムザイ)

  • [無料]資料請求
  • 刑事弁護のご相談なら,何度でも無料です。
  • 法律相談実績35万人のアディーレ法律事務所だからできる,安心サポート!
  • ご家族や大切な方が突然逮捕されてしまっても,慌てずに当事務所までご相談ください。